プラハの不動産概要

Prague Real Estate昔、チェコ共和国がEUに加盟する前のチェコ経済が大幅に変革する中、投資家は西ヨーロッパにゆっくりと手を伸ばそうとしていたこの後進国にあまり関心が有りませんでした。当時プラハの不動産はバーゲン価格でした。今日の状況は大きく異なっています。プラハ中央にある美しい板間、煉瓦づくり、イタリア風内装をもつネオクラシックもしくは修復されたアート・デコの建物の2-3ベッドルームのルーフトップアパートを探している人にはたくさんの選択肢があります-これが今日のプラハ不動産マーケットです。フラットは地元の人々の予算をどんどん大幅に超え、所有者は売らず値段を持ち上げて中央の歴史的地区に住むことに高い値段を気にかけない外国人に賃貸しています。

高級不動産は最近の経済クライシス前にプラハのアパートに誰も払えないような値段で多くの空き部屋を残し、またほとんどの投資家は値を下げる気がありません。まだアナリストや格付け機関はチェコ共和国の経済は通貨が比較的強いことを主な理由に中央ヨーロッパの中で安定している数カ国の一つであると予想しています。これは不動産への投資は長期の目で見て不利ではなく、ただ手ごろな値段の場所を探すのに苦労することでを意味します。不動産は2008年第3四半期までは定期的な成長がありましたがその後成長率が少々減少し始めました。皮肉なことに2008年の前半期に不動産を買ったバイヤーは今日の値段に比べ最大25%の短期ロスを経験しました。2011年の最終四半期の値段はほぼ停滞状態になりました。家の賃貸率はほとんどのエリアで同じレベルにとどまり、近年の上下の変化はほとんどありません。

アナリストによると、最近は商業用および小売り用不動産は順調と報告しています。またより少ない所有者が売ることによりより多くの人々が借りることになっています。チェコ共和国では居住状態や国籍によりある程度の困難はあるにしても外国人が不動産を購入することは可能です。EU国籍の人はプラハの不動産の購入に何も問題が無いはずです。場合によっては銀行が購入金額の100%まで融資する場合もありますが、それには高い利率が伴います(あなたの経済状態と不動産の場所により異なります)。

メトロやトラムの停車場近くにある不動産はより需要があります。その他の不動産では公共交通機関網内か車で容易にアクセスできる便利の良い場所の家族用住居です。

値段ガイドとして、プラハ1とプラハ2を含むプラハの中央地区が最も値が高く、プラハ6の居住地区とプラハ5の一部と続きます。賃貸にあまり人気が無いのは中央地区で駐車に特別許可が必要な駐車制限がある居住地区です。最も需要が無いのは120平米を超える大型アパートです。平米の値段はプラハの郊外の古いフラットが25,000CZKから中央の高級地区の120,000まで大きく変わり、平均は45,000から65,000程度になっています。

新しく建築されたフラットや住宅プロジェクトは値段を下げるように圧力をかけられましたが2012年の付加価値税が10%から14%にあげられたことを理由に価格はほぼ横ばい、付加価値税を含むと総額は逆に増加した結果となりました。

詳細はややこしい海外家屋保有やテナントの権利についての入門‐賃貸、売買および家の修理の記事をお読み下さい。

Leave a Comment