プラハの最適な滞在場所

The Best Areas To Stayプラハ自体が小さい町なのでレストランやショップ、観光地に近い中央街に滞在することをお勧めします。   数々のホテルがバーツラフ広場(Wenceslas Square)周辺に位置しています。   そこなら全ての中心に位置ししますがほとんどのホテル(全てではありません)がその立地条件をお値段に反映しています。   他の人気の場所はリパブリックスクエアー(Náměstí Republiky)付近ですが見どころはカレハ橋(Charles Bridge)から徒歩約3分のところにある旧市街広場(Old Town’s Square)周辺にあります。   その付近のホテルは大型で世界規模のフランチャイズ、伝統的チェコ住居や少数の小型高級ホテル等があります。   旧市街広場からメトロで数駅南へ行ったニュータウン内にはより安価なホテルがあります。   しかし中心地の景観にはかなわず、通りによっては交通渋滞を起こします。

ヴルタヴァ川の景色を見るにはユダヤ人地区(Jewish Quarter)に行きましょう。しかしこの地区のホテルのほとんどが高価でモダンな造りです。   市外中央から離れた所の堤防沿いにボールと呼ばれる浮いているホテルもあります。   ほとんどのボールは整頓されまた改築されており、小さめのスペースを気にしないのでしたら予算が限られている旅行者にはこのユニークなオプションも検討する価値があります。

カレハ橋を越えてリトルクオーター(Little Quarter)内には美しい景色に囲まれた魅力的なホテルも幾つかあります。フラッチャニのプラハ城周辺に比べるとはるかに安価です。   この地域の北部は大型で特に魅力的とは言えないホテルがいくつかあります。   忘れられやすいですがプラハの市街地にも数々のホテルがあります。

これらは全て施設としては十分そろっています、通常市中央の競合と同じくらいの値段な為、交通にかかる時間や料金(真夜中の地下鉄サービスが無いことやタクシーはより高価になることなど)の欠点があります。

Leave a Comment